逆援という性欲を満たしてくれる相手を探す場所

逆援助というのは援助交際の逆で、女性が男性にたいしてお金と引き換えに性的な欲求を満たしたり
その他女性の欲求を満たすことをいいます。

男性からすると、お金をもらえてセックスできるなんて美味しい話しあるわけない。
そう思っている方もいるでしょう。

女性の私も、なんでわざわざお金をくれてまでセックスしなきゃなんないの?と思っていましたが、
半年ほど前に、お金で男性と遊んで以来私も逆援助交際にどっぷりハマってしまいました。

逆援助をする理由としては、
まず私の性欲が強いのと、旦那とはセックスレスでセックスしたいという欲求を満たすことができず、
夫に対して、全く関係ないことでイライラしたり、ストレスが溜まっていました。

旦那がセックスを拒むのであれば、セックスだけの関係を他に作ろうと思ったのです。

しかし、専業主婦の私は、男性の友達どころか昔からの女友達以外に友達がいません。
ナンパでもされたらついていくのになぁと想像しながら一人で街を散歩することもありましたが、
アラフォーの女性をナンパする男なんていませんよね。

そしてインターネットで女性がセックスしたいときにどうしているのか調べると
「逆援助交際」という言葉が目に飛び込んできました。

今から20年位前からすでに逆援助あったそうです。
そのやり方というのが、テレクラを使って男を見つけていたそうです。

そして最近では出会い系サイトを通して男性を探すケースが増えていることを知りました。
私は、本当かどうか確かめるために、とある出会い系サイトに登録し、プロフィールに「体だけの関係・秘密を守れる方・年齢は問いません」だけを書いたら、数人の男性からメールが届きました。

その男性と写真を交換し、遊ぶ条件について話し合い、後日ホテルで待ち合わせをすることにしました。
彼いわく、今まで何人かとこのような関係をもったことがあるそうですが、
ほとんどが男性に相手にされないような太った体型の方が多かったそうで、私みたいに、セックスレスの人妻とは初めてだそうです。

彼は私よりも一回り年下なのに、私の希望するように攻めてくれたり優しくしてくれたりとても満足しました。
そのときのセックスが忘れられずに、また出会い系サイトで男性を求めてしまい、今では月に一度のペースで相手を探してセックスしています。

きっと私のように、セックスしたい願望が強いけど相手がいないという方は、出会い系サイトで男性を見つけてみてはいかがでしょうか。
おそらく、お金をかけないでセックスできる場合もありますが、私の経験上、報酬を支払うということでなんでも言うことを聞いてくれますから
刺激的に攻めてもらったり、満たして欲しい方には逆援助がおすすめです。